SEO
この記事で学べること
  • SEO対策を実践するために最低限身につけるべき基礎知識について
  • 狙ったキーワードで上位表示するために必要な考え方について

 

この記事を含めた数記事でSEOで検索エンジンから集客する方法について、
1から詳しく解説していきます。

 

最初のこの記事ではSEO対策に挑戦し検索エンジンで上位表示を狙うなら、
最低限知っておきたい基礎知識についてです。

 

ちなみにここで言うSEOとはただアクセスを集めるものではなく、
狙った人を検索エンジンからきちんと集めるためのものです。

 

いくら人が集まろうと目的達成に直結しなければ意味がないですよね。

 

ですが、きちんとしたSEOの知識を元に実践を繰り返せば、
目的にそった人をきちんと集めることができる。

 

実際、僕自身がネット起業やビジネスに興味がある人を、
SEOをメインに毎月2000人以上集まるサイトを作成。

 

また、その方法をSEOで人を集めたいという方のために、
さまざまなジャンルで応用し、教え、成果を出してもらった。

 

そんな机上の空論ではない実証済みの内容をお話しますので、
SEOで検索エンジンから狙った人を集めたいのであれば、
最後まで読んでみてください。

 

SEOとは

 

まずSEOとは何なのかについて少しお話しておきます。

 

SEOとは、Search Engin Optimization(サーチ・エンジン・オプティマイゼーション)の略。

 

日本語だと検索エンジン最適化と呼びます。

 

検索エンジン最適化ってなんか難しそうな感じがしますが、
ようは検索エンジンにわかりやすく、評価されやすいサイトや
コンテンツを作ろうということです

 

そして、そんなサイトやコンテンツを作ることをSEO対策と呼びます。

 

ただ、検索エンジンに評価されやすいものを作るのは、
上位表示に関係ありそうなのはわかりますよね。

 

評価されないのに上位表示されるわけがありません。

 

ですが、わかりやすいサイトやコンテンンツというのは、
いまいち理解しづらいと思います。

 

これについては、そもそも上位表示とはどうやってされるのか?
ということについてお話する必要があります。

 

上位表示される仕組とは

 

サイトやコンテンツが上位表示されるまでの流れは、
以下のとおりです。

 

  1. クローラーが巡回に来る
  2. 検索エンジンにインデックスされる
  3. 検索エンジンのアルゴリズムに評価される

 

クローラーが巡回に来る

 

まずはじめに、クローラーがサイトやコンテンツを巡回します。

 

クローラーというのは、ネット上を巡回している、
検索エンジンの情報収集ロボットと考えてください。

 

ネット上にはこのクローラーが定期的に巡回していて、
新しいサイトやコンテンツの情報を収集しているのです。

 

検索エンジンにインデックスされる

 

次に、クローラーが収集した情報が、
検索エンジンのデータベースに格納されます。

 

この格納されることを、インデックスされると呼びます。

 

ネット上にこんなサイトやコンテンツがありましたよと、
クローラーが検索エンジンに伝えてくれるんですね。

 

検索エンジンのアルゴリズムに評価される

 

そして、最後に検索エンジンが持つアルゴリズムで、
サイトやコンテンツが評価されます。

 

アルゴリズムとは、サイトやコンテンツなどの質を測るための、
評価基準と考えてもらえればわかりやすいです。

 

例えばグーグルは200以上のアルゴリズム、質を測る評価基準で、
サイトやコンテンツを診断します。

 

この診断で高評価を受けることができれば、
検索エンジンで1ページ目などに上位表示されることになるんですね。

 

以上が、上位表示されるまでの仕組み、流れです。

 

 

そして、検索エンジンにわかりやすいサイトなどを作れば、
クローラーになるべく早くインデックスしてもらうことができる。

 

早くインデックスされれば、それだけ早く上位表示されるようになる。

 

だから、わかりやすいサイトやコンテンツを作ることが大事なのです。

 

ただ、いくらわかりやすく作っても、
質の低い、評価されないものを作ってしまえば、
上位表示されないので注意しましょう。

 

どうすれば質の高いものが作れるのかは、
後ほどお話していきます。

 

日本の検索エンジン使用比率

 

では次に、日本の検索エンジンの使用比率についてお話します。

 

検索エンジンと言ってもいろいろ種類があり、
それぞれにアルゴリズム、評価基準があります。

 

ですが、日本国内に限定すれば、
検索エンジンの使用比率はグーグルとヤフーで80%以上です。

 

日本のネットユーザーの8割以上は、
グーグルかヤフーを使用して情報を検索します。

 

そして、ヤフーはグーグルの検索基準や、検索技術を借りて使用しています。

 

実際、グーグルとヤフーで同じキーワードで検索してみれば、
並び順がほとんど同じなのがわかるはずです。

 

つまり、現在の日本のSEO対策、
検索エンジンで上位表示させることは、
グーグルに高く評価されることと同じになります

 

ワンポイント
日本のSEO=Google攻略とおぼえておこう。

 

SEOで大事なたった1つの本質とは

 

ここまで、SEOの基本的な話から現在のSEO対策、
上位表示事情についてお話してきました。

 

上位表示されるにはグーグルに評価されればいいということでしたね。

 

ではグーグルに高く評価され、
上位表示させるにはどうすればいいのか?

 

それをお話する前に、まず知っておいてほしいことがあります。

 

それは、グーグルの評価基準、
アルゴリズムを完全に把握している人はいないということです

 

これは僕たちのようなサイト開設者のみならず、
グーグルの社員ですら知らないのです。

 

グーグルはアルゴリズムを公式に発表していないからです。

 

つまり、今世に出回っているあらゆるSEO対策情報は、
実はきちんとした裏付けなどがされたものではなく、
実際の経験や公式に発表された情報などを元にした、
仮説にすぎないということです

 

なので、SEO対策の細かい情報などは、
じつはそんなに意識する意味がありません。

 

それが正しいかどうかはわからないからです。

 

もちろん、SEOを極めるためにどんな細かい情報でも検証するぞ!
という意気込みがあるなら、無駄にはならないでしょう。

 

ですが、あなたが上位表示したいのはSEOを極めることではなく、
検索エンジンからサイトやコンテンツにアクセスを集めることですよね?

 

なので、あまり細かいこと、情報に気を取られないでください。

 

上位表示させるだけならたった1つだけ、
SEOの本質を知り意識するだけでいいのです。

 

その本質とは、検索ユーザーに最大限の価値を与えることです

 

グーグルの200以上あると言われているアルゴリズムは、
日単位で細かい変更がなされているとも言われているため、
それを把握しようと追いかけることに意味はあまりありません。

 

ですが、グーグルが一貫して主張していることが、
グーグル使用者に価値あるものを上位表示させるということ。

 

つまり、検索ユーザーに価値を与えることだけを意識して、
サイトやコンテンツを作りこむ。

 

そうすればそれは評価され、上位表示されるのです。

 

上位表示させるための具体的な方法

 

ここまでSEOの基本的なことから、
上位表示の仕組み、SEOの本質などについてお話してきました。

 

検索エンジンで上位表示させるためには、
グーグルに評価され、わかりやすいサイトやコンテンツを
作る必要があるということです。

 

では、ここからは具体的な方法についてお話していきますが、
やることは2つだけです。

 

  1. 検索エンジンにわかりやすいサイトやブログを作る
  2. 検索エンジンユーザーに価値あるコンテンツを作る

 

検索エンジンにわかりやすいサイトを作る

 

まず検索エンジンにわかりやすいサイトを作るですが、
これについてはほとんど意識する必要はないです。

 

というのも一昔前。

 

まだサイトやブログなどを作るためのツールなどがない時代は、
HTMLとかCSSといった、サイトなどの形を整えるための、
プログラミング的な知識が必要でした。

 

ですが、現在ではサイト作成のためのツールが、
数多く発売されたり、無料で提供されたりしています。

 

なので、プログラミングなどの専門的な知識がなくとも、
検索エンジンにわかりやすい、きちんとした構造のサイトやブログは、
最低限ツールの使い方を覚えれば、誰でも作れます。

 

しかし、調べてみればわかりますが種類が多く、
どれを使うべきか迷うことはあると思いますが、
おススメはワードプレスです。

 

 

ワードプレスはブログ構築ツールとして開発されたシステム。

 

ですが、現在ではテンプレートと呼ばれるワードプレス用の、
カスタマイズ商品も多く販売され、

企業用のホームページ作成などにも使われる万能ツールです。

 

ちなみに、このサイトもワードプレスを使って作っています。

 

使い勝手が非常に良く、カスタマイズもいくらでも可能で、
おまけに無料で使用することができるのです。

 

そして何よりワードプレスは、グーグルの検索エンジン開発部門の責任者の1人、
マット・カッツ氏がSEOに効果があると公認しているのです。

 

SEOの問題の8~9割を、自動で解決してくれると言っています

 

ワードプレスのサイトやブログを開設する機能で、
SEOの技術的なことのほとんどは解決できるのです。

 

ですが、デメリットも当然あります。

 

まず、カスタマイズは確かにいくらでも可能ですが、
そのためにはHTMLやCSS、PHPといったプログラミングなどの知識が、
それなりに必要ということです。

 

また、ワードプレス自体がアメリカで開発されたものなので、
何か問題や疑問があって調べようと思っても、
公式サイトは全部英語です。

 

ですが、日本でもワードプレスを利用する人は多いため、
検索すれば大抵の問題は解決しますので、
そこまで気にすることはないと思います。

 

 

以上、SEOに強いわかりやすいサイトを作るための、
ツールについて解説しました。

 

ここではワードプレスについてしか紹介しませんが、
これ以外にもサイト作成ツールは数多くあるため、
いろいろ調べて自分に合いそうなものを探すのも良いでしょう。

 

ただ、選ぶ際に絶対に気をつけてほしいのは、
スマホ表示などがきちんと対策されているものを選ぶことです

 

今、ネットユーザーの大多数が、
スマホなどの携帯用デバイスを使っています。

 

逆にパソコンの使用比率が下がっているのが現状です。

 

つまり、ユーザーに価値あるサイトを作るには、
スマホなどでもきちんと表示されるサイト作りが、
必要不可欠なのです。

 

このように、スマホなどでもきちんとしたサイトを表示させることを、
レスポンシブデザインと呼びます。

 

なので、選ぶ際はレスポンシブデザインに対応したツールを選んでください。

 

ちなみに、ワードプレスはテンプレートと呼ばれるサイトの外観、
デザインを整えるものによっては対応してないので注意しましょう。

 

検索エンジンユーザーに価値あるコンテンツを作る

 

サイトが作れたら、次に価値あるコンテンツを作成していきます。

 

そして、価値あるコンテンツを作成することが、
SEOで最も重要なことです

 

 

先程も言ったように、現在は技術的な知識がない初心者でも、
SEOに強いサイトやブログを簡単に作成できる時代です。

 

なので、サイトの構造などで他者と大きな差をつけることは、
よほどの専門知識がなければ難しくなってきました。

 

つまり、これからは質の高い、
検索ユーザーに価値あるコンテンツを作成することが、
SEOとして最も重要なことなのです。

 

ここをしっかり理解して価値あるコンテンツを作成を意識し、
力を入れていってほしいと思います。

 

 

では、価値あるコンテンツを作成する具体的なステップについて、
お話ししていきます。

 

  1. 検索ユーザーの知りたいことを理解する
  2. 検索ユーザーに伝えたいことをまとめる
  3. オリジナル性を重視してコンテンツを作成する

 

検索ユーザーの知りたいことを理解する

 

はじめに、検索ユーザーの知りたいことを、
きちんと把握する必要があります。

 

なぜなら、検索ユーザーのほとんどは、
何かしらの悩みや問題を解決したくて、
検索してくるからです。

 

あるいは、知らないことを調べるなどの理由もありますが、
ようは知らない、わからない何かを知るために検索してくるのです

 

自分に置き換えてみてください。

 

あなたが何らかの検索をする時、
求めている情報や知識がありますよね?

 

それを知るために、検索するはずです。

 

そして検索してみれば大抵は1ページめのサイトやコンテンツで、
求めているものを手に入れられると思います。

 

それは、あなたの知りたいことを教えてくれるサイトやコンテンツがあって、
検索エンジンがそんなサイトや情報を評価して、
いち早くあなたの目にとまるように整理して表示させているからです

 

なので、上位表示するには検索ユーザーの知りたい、
求めている何かをきちんと把握することが第一歩です。

 

ちなみに、この検索エンジン利用者が求めている何かのことを、
検索意図といいます

 

そして検索エンジン利用者に価値あるとは、
検索意図をきちんと把握していて、それを満たすことができる。

 

そんなサイトやコンテンツのことを指します。

 

検索意図を把握し満たすことは、
SEO対策で最低限しなければならないことなのです

 

検索エンジンで上位表示させるには検索意図について、
きちんと知っておくのは必須なので
勉強しておきましょう。

 

このサイトでも別記事で詳しく解説していますので、
検索意図がわからないという場合は読んでみてください。

 

 

検索ユーザーに伝えたいことをまとめる

 

検索ユーザーの知りたいこと、検索意図を把握したら、
次に伝えたいことをまとめます。

 

例えば、ダイエット 食事制限のキーワードで検索してくる人がいて、
その人の知りたいことが食事制限の方法だとわかったとします。

 

では、何を伝えればこの人は、今すぐにでも食事制限の方法を知って、
始めることができるか。

 

それを明確にして、伝えたいことを整理し、
きちんとまとめるのです。

 

この時、妥協はしないでください。

 

このコンテンツを見れば知りたいことが全てわかる、
ぐらいのものが作れるように
徹底してまとめましょう

 

オリジナル性を重視してコンテンツを作成する

 

検索ユーザーの知りたいことを理解して、
伝えたいことを明確にしたら、
最後にそれをコンテンツとして作成します。

 

この時に重要なのは、オリジナリティを重視するということです。

 

オリジナルティとは、あなただけが発信できる、
あなたにしか発信できない情報です。

 

現在では兆を超えるコンテンツがネット上にあると言われており、
当然ですが似たようなコンテンツも多々あります。

 

例えばダイエットの方法について検索エンジンで調べれば、
多くのダイエットについてのコンテンツが出てくるでしょう。

 

ようは、ただの知識や情報自体はすでにあふれており、
特に評価されなくなったということ

 

なので、オリジナリティが必要なのです。

 

しかし、もしかしたら自分だけに発信できる情報なんてない。
そう思うかもしれませんが、難しく考えないでください。

 

自分だけが発信できる情報とは、
自分の言葉遣い、伝え方、体験などといったものを、
すでにある知識に付加するだけです。

 

  • 誰よりもわかりやすくする
  • 自分の体験談を交える
  • どのサイトよりも豊富な情報量を目指す
  • おもしろさを追求する

 

以上のように方向性を明確にして、
あなたの個性がきちんと出る。

 

そんなコンテンツを作成することが大事です。

 

そうすることで、他者との差別化もできますし、
あなただけが与えられる価値というものもできてくるでしょう。

 

そういったものが、検索エンジンに評価されるのです。

 

なので、オリジナリティあふれる、
魅力的なコンテンツ作成を目指しましょう。

 

ワンポイント
あなただけが伝えられる価値あるものとはなにか?
知識や経験などこれまで積み重ねてきたものを、
一度振り返ってまとめてみよう。

 

とにかく価値を与えることだけを考える

 

いろいろとお話してきましたが1番大事なことは、
検索ユーザーに価値を与えること。

 

これをとにかく意識することです。

 

今回お話した検索ユーザーに価値を与えること、
価値あるコンテンツを作成することを中心に考えたSEO対策を、
ホワイトハットSEOと呼んだりします。

 

その逆で、検索エンジンのアルゴリズムの穴を利用して、
テクニックなどで上位表示させる、
ブラックハットSEOと呼ばれるものがあります。

 

例えば被リンクと呼ばれる他のサイトから設置されるリンクがあり、
これは上位表示するために効果的なものです。

 

それを利用して、自分で複数のサイトを立ち上げ、
メインのサイトにリンクをはることで、
一気に上位表示させるという手法があります。

 

これは確かに有効で、一時は検索エンジンで上位表示されますが、
ほとんどの場合、すぐに表示されなくなります。

 

なぜなら、それが検索ユーザーに価値あるものではないからです。

 

被リンクが検索エンジンに有効なのは、

 

他サイトからリンクがはられる

他の人から参考にされたりするぐらい質の高いものである

検索ユーザーに価値を与えられる

 

このように考えられるからです。

 

被リンクが有効なのではなくて、被リンクをはられるほどの、
価値あるサイトやコンテンツであること。

 

これが重要なのですね。

 

 

今回お話したことはSEO、上位表示の方法の本質ではありますが一部なので、
これから先多くのテクニックなどに触れる機会もあるでしょう。

 

それらを取り入れるのもいいですが、
その前に1つだけ質問してみてください。

 

"このテクニックは、検索ユーザーに価値を与えることに繋がるか?"

 

これだけは、必ず意識してほしいと思います。

 

 

では、今回はここまでです。

 

次の記事↓↓↓

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事